2008年01月12日

ホームページ作成

 在宅ワークにはホームページの作成もあります。

今やどんな企業もホームページで自社をアピールしたり、商品を販売したりするのは当たり前ですが、小さい会社やこれから起業をする場合には、ホームページが無い場合もあります。

そんな場合には自分で作るよりも、外部に委託して作成した方が手間が掛からないので、在宅ワーカーに発注されたりします。

またネットワークビジネスでは、サイトを沢山必要とする場合もあるので、そういった仕事に従事している人は、外注を基本としていることもあり、ホームページ(以下HPと略します)の作成が出来る人が望まれています。

HPの作成は今では沢山の人が出来ると思いますが、在宅ワークで必要とされるスキルは相当に難易度が高い場合もあるので、募集内容を確認する必要があります。

HP作成はソフトを使えば簡単にできますが、それは駄目な要件の場合もあるので、その時はHTMLを駆使して作成する必要があり、一気にハードルが高くなってしまいます。

ですからソフトを使ってHPを簡単に作成出来る自信がある方も、応募要項をキチンと確認することが大切です。

また依頼主は細かな微調整を要請してくる場合もあるので、CSSの理解が深い人でないと対応が難しい事も考えられます。

それでもその課題がクリアできる人にとっては、楽しい仕事だともいえます。

HP作りは自分のセンスやスキルを発揮できる仕事ですから、挑戦する価値は充分にあると思います。

主婦の在宅ワークも楽しい仕事が沢山ありますね。
タグ:在宅ワーク
posted by ワークマン at 23:52 | Comment(0) | 在宅ワークいろいろ

データ入力

 主婦の自宅での仕事には、データ入力というものもあります。

これは送られてくるデータを決まったフォーマットに入力して、それをメールで送り返すというのが一般的な方法で、パソコンが使えるのが条件となります。

データの種類は様々ですが、どんなデータでも正確さが求められます。

依頼主はデータの入力の手間を省くために、外部に仕事を依頼していますが、その精度が信頼できないと依頼する意味が無くなるので、この仕事を選ぶ場合は注意が必要です。

部品を作る場合は、その出来栄えを自分の目で見れば確認できるし、翻訳の場合は独特のニュアンスを抑えれば問題ない場合もありますが、データの場合は数字の羅列ですから、間違いを発見し難いという特徴があります。

もっとも過去にデータを扱う仕事をしていた経験がある方は、そんな心配も無いかもしれないので、自信がある場合は不安を抱える必要は無いでしょう。

パソコンのスキルについては、自分でフォーマットを作ったり、見せ方を考える必要も無いので、キーボード入力が出来れば問題ないレベルですから、少ししか使えない方でもそれほど問題は無いと思います。

単純作業でも部品を作ったりするのは嫌いだけど、パソコンを使ってのデータ入力なら大丈夫って方は考えてみるもの良いでしょう。
タグ:在宅ワーク
posted by ワークマン at 22:58 | Comment(0) | 在宅ワークいろいろ

翻訳

 主婦の在宅ワークには翻訳業もあります。

今は日本の企業もグローバル化を積極的に推進しているし、また諸外国の情報を仕入れる必要もあり、翻訳の仕事が増えてきています。

日本企業が世界中に展開していることを考えると、英語だけではなく様々な国の翻訳が必要とされていることから、これまでよりも仕事が見つかりやすくなっているといえます。

また翻訳を通じて語学力を上げていくことにより、将来は同時通訳の仕事に従事したり、会社に再就職をする際にも有利になる事も考えられます。

企業がグローバル化を推進していく場合にも、日本人に出向き先の言葉を教えるのが問題になっている場合が多いので、それらの教育係としての採用が可能になったり、または現地に同行するスタッフとして重用されることもあるでしょう。

それ以外にも自宅で語学教室を開くこともできるでしょうし、日本の企業が海外進出をし、そこで働く人も海外での活躍が求められるほどに、語学のスキルを持った人の活躍の場は広がると期待できるでしょう。

主婦の在宅ワークとして翻訳をこなしながら、将来はもっと大きな責任のある仕事をしていく。

こんな事も可能になりますね。

これまで培った語学力を、これからの日本のために発揮する。

主婦の在宅ワークでも、こんな事が可能になります。
タグ:在宅ワーク
posted by ワークマン at 22:43 | Comment(0) | 在宅ワークいろいろ

部品作り

 主婦の在宅ワークの中でも一般的なのが、部品作りかもしれません。

これはいろんな細かい部品を内職で造っていくんですが、製造業関係からの委託として作業をします。

内職の場合は取りまとめの業者がいるので、そこが責任を持って部品の配送を行なうので、仕事をする主婦さんは、ただひたすらノルマをこなすだけの場合が多いようです。

作業量が安定しない場合には、複数の仕事を持たされる場合もあるかもしれませんが、こちらは内職をする人の意見を重要視してくれるでしょうから、断ることも可能ですがそれだと収入が安定しないことになります。

作業は単純な場合が多いことから、慣れるまでの時間は考えなくても良いでしょうが、その分飽きるのも早いといえます。

在宅ワークも仕事ですから、飽きても問題ないと思われるでしょうが、自宅で一人で仕事をする場合には、これが結構辛くなる人もいるので、自分が単純作業でも平気かを考えてみることが必要になります。

また納入先の会社は、部品が出来ないと工場の操業に影響が出てしまうので、納期遵守は絶対になる場合もあるので、それはキチンと確認する必要があります。

取りまとめの業者さんも、そのようなリスクは計算しているので、余裕を持って計画したり、複数の主婦に同じ内職を依頼している場合もありますが、そうなっていないと大変ですからね。

主婦の在宅ワークにも、仕事をする責任はついて周りますから、これはキチンと守るようにしましょう。
posted by ワークマン at 22:06 | Comment(1) | 在宅ワークいろいろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。